スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋内用留め具を誤使用=劣化で外れ、架線接触か-JR埼京・山手線トラブル(時事通信)

 JR埼京線新宿-池袋間で23日夜に停電し、同線と山手線などが一時運転を見合わせたトラブルで、JR東日本は24日、停電の原因となった目白駅(東京都豊島区)の駅舎に敷設された通信ケーブルについて、誤って屋内用の留め具で固定していたと公表した。本来は屋外用を使うが、屋内用だったために留め具が劣化してケーブルが垂れ下がり、架線と接触した可能性が高いという。
 同社によると、関連会社が昨年1月、線路上を横断する格好で、目白駅庁舎の屋外にある手すりに高速データ通信用ケーブル(ワイマックス)を固定する工事を実施した。
 その際、紫外線による劣化に強い屋外用の樹脂製留め具で固定するはずだったが、実際に使われたのは紫外線に弱い屋内用のものだった。 

「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅
採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)
ツイッターの信頼性 “なりすまし”防ぐ機関設立を(産経新聞)
スポンサーサイト

雑記帳 メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)

 栃木県日光市の魅力をPRするマスコットキャラクター「日光仮面」の着ぐるみが誕生した。テレビ草創期のヒーロー「月光仮面」をモチーフにして、日光地区観光協会連合会などが企画した。

【写真特集】ゆるキャラといえば 大人気 彦根のゆるキャラひこにゃん

 額に三日月が描かれていた月光仮面に対し、日光仮面には世界遺産登録のロゴマークをあしらった。ベルトのバックルに「日」、胴体に「光」の文字をデザイン。顔は強化プラスチック製で身長約2メートル。

 国内有数の観光地だが、近年は観光客数の落ち込みも目立つ。メタボ体形のため、「疾風(はやて)のように現れて」とはいきそうもないが、癒やし系キャラとして観光客をいざなえるか。【浅見茂晴】

【関連ニュース】
【写真特集】ゆるキャラまつり:子どもたちとツーショット
【写真特集】和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」
【写真特集】ゆるキャラ:自治体のキャラクターずらり 東海3県
メタボ脱出大作戦:運動と食事療法、効果あり 実証研究に記者参加 

センバツ 「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)
高架に車衝突情報、点検で大阪・環状線乱れる(産経新聞)
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
アウトドア大手の顧客情報流出=中国から不正アクセスか-大阪(時事通信)

<サクラ>花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

 東京都心は27日、サクラが開花して最初の週末を迎えた。3月上旬並みのやや肌寒い休日となったが、青空の下、サクラの名所は花見客でにぎわった。

 江戸時代の名園として、美しいシダレザクラで知られる東京都文京区の六義(りくぎ)園には、午前9時の開園から大勢の家族連れが訪れた。思い思いに散策し、枝いっぱいに薄紅色の花を付けたシダレザクラや、ほころび始めたばかりのソメイヨシノを楽しんでいた。4月4日まで、日没以降はライトアップする。【合田月美】

【関連ニュース】
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
春は舎人公園から:足立区移動支局 空から花見、夜は花火 きょうからまつり /東京
花案内人:花見山で始動 市民ボランティア121人 /福島
花見ぼんぼり:夜桜、楽しんで 「桜まつり」ひかえ設置--彦根 /滋賀
桜の駅まつり:満開の下でライブ MR浦ノ崎駅で28日 /佐賀

学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)
社民・福島氏、同意人事「反対だが署名やむを得ず」(読売新聞)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)

橋下知事、新政治集団「4月中旬までに形あるものに」(産経新聞)

 午前9時半 登庁し報道陣の取材に応じる。新政治集団「大阪維新の会」について「現在、府議が中心になって詰めているが、4月中旬までに形あるものにしたい」。

 10時 府議会議会運営委員会。

 10時10分 知事室で報告を受けるなどする。

 午後1時 府議会本会議。

 5時35分 議会後、報道陣の取材に応じ、伊丹空港の廃港決議案が可決されたことについて、「タウンミーティングも大きかった。世間の考え方が徐々に変わってきている。行政では絶対にありえない。政治が動いたということ」と述べる。

 6時 知事室で執務。

 6時25分 退庁。

【関連記事】
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明
大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり
橋下大阪知事を厳しく非難 朝鮮学校の無償化問題で北朝鮮通信社
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟 和解…負担ゼロ、母の願い(毎日新聞)

企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年(産経新聞)

 反社会的勢力とともに業績不振の企業に食い込み、不正な経済活動で得た利益で私腹を肥やす-。こうした生業(なりわい)を持つ民間人=共生者は、離合集散を繰り返しながら標的企業を食い尽くすことから「市場のハイエナ」とも揶揄(やゆ)される。警視庁が摘発した情報通信関連会社「トランスデジタル」をめぐる架空増資事件は、主犯格とされる金融ブローカー、黒木正博容疑者(44)=民事再生法違反容疑などで逮捕=ら共生者による犯罪の典型だった。黒木容疑者の歩んだ軌跡を追うと、市場に跋扈(ばっこ)してきた共生者の人脈図が浮かび上がる。(伊藤弘一郎、内藤慎二)

 ■小室哲哉につんく♂…業界大物の中心にいた黒木容疑者

 「この技術はレコード、CDに次ぐ第3の革命です!」

 普段は訥々とした口調の音楽プロデューサー、小室哲哉氏が声を張り上げると、約1200人の聴衆から大きな歓声と拍手がわき起こった。

 日経平均株価が2年半ぶりに1万9500円台を回復した平成12年1月31日。東京・内幸町の帝国ホテルは、異様な熱気に包まれていた。

 ホテルで開かれていたのは、音楽配信会社「リキッドオーディオ・ジャパン」が主催したパーティー。音楽デジタル配信サービスを主業務として11年7月に設立、同12月に東証マザーズへの上場第1号を果たしたことを記念して行われたパーティーだった。

 熱気の理由は、出席者の豪華な顔ぶれにあった。小室氏に続いて壇上に上ったのは、「つんく♂」、「SPEED」、「浜崎あゆみ」、「鈴木あみ」、「モーニング娘。」など当時のトップアーティスト。こうした面々が一堂に会したことで、コンサート会場さながらの盛り上がりを見せていたのだ。

 パーティーの終盤、小室、つんく♂の両氏ら6人が再び壇上へ。促されるように、イタリア製のスーツに身を包んだ男が2人の間へ入った。男の音頭で全員が手を取り「万歳三唱」が行われると、会場のボルテージは最高潮に達した。

 パーティーの主役ともいえるこの男が、リ社の親会社でテレマーケティング業「スーパーステージ」社長だった黒木容疑者。当時は弱冠、34歳だった。

 関係者によると、黒木容疑者は慶応大学在学中、パーティー企画サークル代表を務める一方、都内でレンタルブティック(貸衣装業)を起業。このノウハウを生かし3年、26歳で立ちあげたのがスーパー社だ。黒木容疑者は他にも飲食店など数々の事業を手がけたことで、当時「若手ベンチャーの旗手」として知られた存在だった。

 「まさにITバブルの象徴。黒木容疑者にとっては、リ社の上場記念パーティーが人生の絶頂期だったのだろう。もっとも、あの時点ではもう“あっちの世界”に片足を踏み入れていたんだけどね」

 パーティーに出席した証券業界関係者が回想する。

 「あっちの世界」。それは、暴力団など反社会的勢力を意味していた。

 ■暴力団の名刺が次々と…華々しい船出が暗転

 黒木容疑者が持つ「黒い人脈」の一端が浮上したのは、パーティーからわずか9カ月後のことだった。

 ライバル関係にあった同僚のリ社幹部(当時)を監禁、暴行したとして、黒木容疑者が招聘(しょうへい)したリ社社長(同)が警視庁に逮捕されたのだ。

 事件は単なる「内輪もめ」では終わらなかった。捜査の過程で、黒木容疑者と社長がリ社上場前、指定暴力団の住吉会と山口組の幹部らと接触していたことなどが確認されたためだ。これを裏付けるように、リ社など関係先の家宅捜索では複数の暴力団幹部の名刺も押収された。

 この捜査は当初から、暴力団摘発を担う警視庁捜査4課(当時)が担当した。警視庁は先のパーティーに暴力団と関係が深い人物も出席していたことを把握しており、リ社と闇社会の接点に着目していたという。一連の捜査では、黒木容疑者も参考人として事情聴取を受けた。

 華々しく船出したはずのリ社の株価は事件発覚以降、下落の一途をたどった。13年にはITバブルも崩壊。リ社は赤字経営から抜け出せず、本業の音楽配信事業すら本格的に立ち上がらないままだった。

 ワイドショーにも取り上げられ、時代の寵児(ちょうじ)ともてはやされた黒木容疑者にとって、初めて味わった挫折といっていいだろう。

 スーパー社はリ社の持ち株を売却。黒木容疑者も経営の一線から退き、表舞台から姿を消していった。

 ■「また黒木が動いたのか」…共生者の代表格に

 一方、捜査関係者の間で「黒木正博」の名は、むしろ存在感を増して囁(ささや)かれ続けることになる。上場企業が不可解な増資などで資金調達を行うたびに、黒木容疑者の関与が取りざたされたためだ。

 ▽自転車メーカー「丸石自転車」架空増資事件(16年)

 ▽居酒屋チェーン経営「ゼクー」架空増資疑惑(同)

 ▽通信会社「ジャパンメディアネットワーク」による親会社の株価つり上げ事件(17年)

 捜査当局が「また黒木が動いたのか」と疑念を持った事件・疑惑の数々だ。ある時は“資金調達役”、ある時は資金調達者と企業の間を取り持つ“アレンジャー”として、黒木容疑者の名前が捜査線上に浮かんでは消えた。

 複数の金融ブローカー、コンサルタント関係者らが逮捕されたこれらの事件には、黒木容疑者の“関与”以外にも、ある共通項がある。

 捜査対象となった企業はいずれも経営不振や内部抗争といった問題を抱えていた。混乱に乗じる形で、外部から資金提供を持ちかけられるなどし、事実上、外部の人間に乗っ取られる。架空の増資や新規事業を公表して得た不正な利益は会社に残らず、闇社会へと消えていく-という構図は同じなのだ。

 警視庁の捜査員が解説する。

 「一連の経済事件の人脈は、ほとんど地続きといっていい。案件によって即席のチームを結成し、カネになりそうな会社の弱みにつけ込んでいく。引っ張ったカネを暴力団に提供しながら、私腹を肥やしていくんだ」

 狙われたが最後、破綻(はたん)するまで企業を食い尽くすその姿は、まさにハイエナの群れのようにも見える。こうした群れの中で、黒木容疑者はどういう位置づけだったのか。捜査員は続けた。

 「ベンチャーとしての経験から、増資のスキーム、金の引っ張り方、企業への付け込み方まで、すべてを心得ていた。共生者仲間や暴力団にとっては、確実に“仕事”を成し遂げてくれる格好のパートナーだったのではないか」

 共生者とは、証券市場で暴力団ら反社会的勢力の資金獲得に協力する民間人の総称。広い意味では企業舎弟から金融ブローカー、仕手筋などのアングラ人脈も含まれる。黒木容疑者は市場に跋扈する共生者の「代表格」として認識されるようになっていたのだ。

 ■「クロちゃんだから貸すんだ」…絶対的な信頼

 そんな黒木容疑者が「次の標的」として選んだのがトランス社だった。同社は17年ごろ、仕手銘柄として不透明な借入が繰り返されており、事業実体のない「カラ箱会社」だったためだ。

 黒木容疑者は18年、ファンド運営会社元代表の鬼頭和孝容疑者(35)=金融商品取引法違反容疑で逮捕=とともに、トランス社の乗っ取りを計画。同社が19年に行った第三者割当増資で引受先となった投資事業組合に約20億円を出資することで、同社に浸食を始めた。

 ちなみにこの投資事業組合は、日本エルエスアイカード架空増資事件(18年)で実刑判決を受け服役中の同社元社長、笹尾明孝受刑者が実質支配しており、共生者同士でトランス社という“獲物”を奪い合った形跡がうかがえる。

 黒木容疑者は続いて副社長ら経営陣を刷新させ、経営権を完全に手中におさめた。以降、トランス社は黒木容疑者の指示に従う形で第三者割当増資を繰り返す一方、増資や融資の引受先に対し、担保として約束手形を乱発。引受先には指定暴力団山口組系元幹部の野呂周介被告(70)=民事再生法違反罪で起訴=らが名を連ねていった。

 資金注入→経営掌握→架空増資という「方程式」は、トランス社をめぐっても繰り返された。

 「トランス社は信用ならない。クロちゃんだから貸すんだぞ」

 トランス社関係者によると、野呂被告は同社側へ融資を行った際、こう念を押していたという。「必ずカネを増やして返してくれる」という黒木容疑者に対する絶対的な信頼を示すエピソードだ。

 しかし、共生者として信頼されることは、完全に闇の人脈に絡め取られていたことの裏返しでもあった。

 黒木容疑者はトランス社の破綻直前、野呂被告から融資されていた3億円を返済するため優先的に売掛債権を譲渡したとして、民事再生法違反(特定債権者に対する担保供与)容疑で逮捕。9億円の架空増資を行った金融商品取引法違反容疑で再逮捕された。

 ■摘発強化…共生者は一掃されるのか

 黒木容疑者、鬼頭容疑者、野呂被告…。トランス社をめぐる事件は「大物」とされる共生者が結集した最後の事件とも言われる。ここ数年、捜査当局が摘発を強化したことで、主だった共生者は軒並み逮捕されたためだ。

 一方、ある経済事件で逮捕され、服役を終えた経営コンサルタントはこんな予言をしてみせた。

 「『濡れ手で粟』のうまみを知ると、なかなか真っ当な仕事につくことなんてできない。巨額のカネを動かし、裏も表も知りすぎた人間は、たぶん同じことを繰り返すだろう。ただし、もっと複雑にしたスキーム(計画)でね」

 共生者は一掃されるのか、それとも形を変えて生きながらえるのか。

 逮捕から約4週間。黒木容疑者は警視庁の調べに対し「私には関係のないことです」などと、容疑を否認し続けているという。

【関連記事】
闇勢力相手に危険なマネーゲーム、黒木容疑者の手口とは?
トランス社不正債権譲渡 社長に事後承認要求 
トランス社社長ら逮捕 破綻直前に債権不正譲渡の疑い
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕
トランス事件 架空増資で元役員を逮捕

抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬(医療介護CBニュース)
佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料-厚労省08年調査(時事通信)
<労働時間>有休取得率に目標 ガイドライン改正(毎日新聞)
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検(時事通信)

<将棋>中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は16日、神奈川県秦野市の元湯陣屋で始まった。

 ここまで久保の3勝2敗。先後でみると第1、2、3局は先手番、第4、5局は後手番が制してきた。本局は羽生の先手番だが、果たしてどうなるか。

 今回の舞台は数多くの名勝負が繰り広げられてきた旅館。初の王将位を狙う久保、6連覇を目指す羽生の順に対局室へ入った。定刻の午前9時、立会の行方尚史八段が声をかけると、羽生は7六歩と角道を開けた。

 久保の作戦は第2、4局に続き、角道を止めずに飛車を5筋へ振る「ゴキゲン中飛車」だった。羽生は第2局で早めに銀を繰り出し、第4局では角を換えたが、そのいずれとも違う対抗策をとる。5八金右(7手目)と守りに1手かけただけで、2四歩と飛車先の歩を突いた。超急戦になりそうな展開だ。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局
将棋:勝負どころの応酬 王将戦第5局2日目始まる
将棋:三間飛車対居飛車…王将戦第5局
将棋:王将戦第5局 久保初の奪取か、羽生意地見せるか
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇

<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
外国人への子ども手当、23年度分で見直し検討 鳩山首相(産経新聞)
12年度改定もネットプラスを要望―日薬(医療介護CBニュース)
<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)

<平野官房長官>内閣支持率続落を分析(毎日新聞)

 平野博文官房長官は15日午前の記者会見で、毎日新聞など報道各社の世論調査で内閣支持率が続落していることについて「経済、景気が非常に悪く、期待と現実の実感とのギャップが第1点。2点目は政治とカネについて説明をしっかりしてもらいたいとの国民の声だろう」と分析した。

 政権発足から半年の評価も低いが、「予算が審議中で生活実感に表れていないのだろう。予算が成立し、具体的な施策が実行段階に移れば、深いご理解がいただけると思っている」と語った。

 政治とカネの問題では「当事者が国民に適切に説明をすることに尽きる」とし、企業・団体献金の禁止を含む政治資金規正法改正について「早く成案を得ることで国民の理解を得られるのではないか」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース】
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
官房長官:鈴木宗男議員に質問主意書の取り下げ求める
シュワブ陸上案:「決議を超えてやるケースも」官房長官

治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
<カーネル・サンダース人形>甲子園球場近くに定住へ(毎日新聞)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
事前面接解禁を削除=派遣法案で政府・与党が合意(時事通信)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)

岩手・久慈市長選で推薦候補敗退(産経新聞)

 参院選や来春の統一地方選を視野に、各地の市長選などに積極的に関与し、全国津々裏々に党勢を拡大していく-という民主党の戦略が、小沢一郎幹事長の地元・岩手できしみをみせている。

 14日投開票された久慈市長選で、民主、社民推薦の元県職員、遠藤譲一氏が、自民党系の現職、山内隆文氏(無所属)に敗退した。

 「民主党県連が遠藤陣営を全面的に仕切った」(地元政界関係者)とされるだけに、鳩山内閣の支持率低下や「政治とカネ」の問題も影響したとみられる。民主党県連も「敗因ではないが、有権者にマイナスの印象はあったと思う」(佐々木順一幹事長)と一定の影響を認めている。

 民主党は昨年8月の衆院選で久慈など県北部の岩手2区の議席を獲得。県内の衆参6選挙区を独占した。同党は衆院選後も県北部を“最重点地域”と位置づけている。市町長選に積極的に新人の推薦候補を打ち立てて、自民党の長年の地盤で“土壌改良”に全力を挙げている。

 だが、戦績は芳しくない。無投票で当選した二戸市長を除き、自民党系の現職に新人のぶつけた八幡平市、一戸町、そして今回の久慈市と、いずれも敗退している。

 今回も2区の畑浩治衆院議員を中心に、国会議員や党籍を持つ達増拓也知事らが全面支援。告示直後は優勢という見方も多かった。しかし、一部の有権者からは、「民主党ばかりが目立って候補者の政策が見えなかった」「企業への強引な支援要請が裏目に出た」など、民主党の取り組みに不満も出ている。

 逆に自民党は「政党対立の構図を避けて現職の後援会組織を尊重した。要所へのお願いにとどめた」(嵯峨壱朗・県連副幹事長)という“草食系”の取り組みが功を奏した形だ。

 だが、民主党県連は「地域に政党政治を根付かせる戦略に変更はない」(佐々木幹事長)と、今後も首長選への関与を深めていく方針だ。

【関連記事】
「法令順守の徹底必要」 北教組事件で日教組委員長
民主党本部の引っ越し断念 資金は選挙へ…フロア拡充で落着
信長のまち二分 滋賀・安土町リコール町議選で合併反対派が過半数
公明「自民推薦せず」参院選、実質協力は容認
中国全人代が閉幕 政府活動報告など承認
20年後、日本はありますか?

「弟は弟」鳩山首相、邦夫氏との連携を否定(読売新聞)
朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆-高校無償化(時事通信)
核搭載艦船の寄港は「密約」=半島有事・沖縄肩代わりも-政府、見解見直しへ(時事通信)
「密約」認定、前首相や各党「承知せず」「評価」(読売新聞)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)

<アカデミー賞>主演女優賞にサンドラ・ブロックさん(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】第82回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の授賞式が7日夕(日本時間8日午前)、米ロサンゼルスのコダックシアターで始まった。

 主演男優賞は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスさん(60)が受賞。カントリー歌手を渋く演じ、歌も見事にこなした。主演女優賞は「しあわせの隠れ場所」のサンドラ・ブロックさん(45)。黒人のアメリカンフットボール選手を育てる白人養母を熱演した。

【関連ニュース】
アカデミー賞:助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん
アカデミー賞:ドキュメンタリー賞に日本のイルカ漁告発作
アカデミー賞:長編アニメ賞に「カールじいさん」
米アカデミー賞:会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール
アカデミー賞:作品賞のノミネート倍増し10本に

<東北大病院>がんではない70代男性に手術(毎日新聞)
愛子さまご欠席 東宮大夫の会見一問一答(下)(産経新聞)
RSウイルス感染症 終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)
社会人基礎力育成GP 大賞に流通科学大(産経新聞)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言-内閣府の研究機構(時事通信)

<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)

 【パリ永田晶子】10~11年秋冬パリコレクションが2日からルーブル美術館などを会場に開かれている。2日目の3日は、日本人デザイナーのトップバッターとして、リミ・フゥ(山本里美)がショーを開催。袖がゆったりとしたミニ丈のドレスやシルエットが美しいパンツなど、ほぼ黒一色でマニッシュな中にも女らしさが感じられる服を見せた。

 パリコレは9日間の日程で約90のブランドが、新作のプレタポルテ(既製服)を披露。コム・デ・ギャルソン(川久保玲)やイッセイミヤケ(藤原大)など、日本のブランドが多く登場する。また、ヨウジヤマモト(山本耀司)は民事再生法適用申請後、初めてのショーを行う。

政府案は複数の場合も=月内にたたき台-平野官房長官(時事通信)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
公然わいせつ容疑逮捕→入院釈放→飛び降り死亡(読売新聞)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
仕分け余波…政府広報「テレビ6番組」全廃(産経新聞)

MEGUMIさんが人身事故=歩行中の26歳女性軽傷-東京(時事通信)

 タレントのMEGUMIさん(28)が東京都渋谷区で乗用車を運転中、歩いていた女性(26)と接触する事故を起こしていたことが5日、警視庁原宿署への取材で分かった。女性は足に軽傷を負ったという。
 同署によると、1日午後3時ごろ、渋谷区神宮前で、MEGUMIさんの車が女性と接触。住宅街の裏路地で、スピードは出ていなかったとみられ、MEGUMIさんにけがはなかった。 

撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加-警視庁(時事通信)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)
高松-宇野航路、存続に転換=廃止申請を取り下げ-国道フェリー(時事通信)
<消防ホース破裂>体験学習中の中1が入院 さいたま市(毎日新聞)
<新幹線つばめ>新800系を陸送 鹿児島(毎日新聞)

<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は5日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が1日から学習院初等科を休んでいると発表した。愛子さまは現在2年生。野村東宮大夫によると、同学年に乱暴な男児が複数おり、愛子さまは強い不安感と腹痛などを訴えているという。

 愛子さまは1日は学校を休み、2日は通学したが早退し、その後休んでいる。野村東宮大夫は乱暴の具体的な内容は述べなかったが、愛子さまにけがはないという。宮内庁と学習院初等科は協議し、学習院では対応策を講じているという。【真鍋光之】

生ごみ 石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」(産経新聞)
チリ中部で津波を観測…気象庁発表(読売新聞)
首相動静(2月26日)(時事通信)
小6ら4人、「小遣い不足」とひったくり 72歳女性のカバン奪う(産経新聞)

大津波警報、沿岸各地の鉄道一斉に運転見合わせ(読売新聞)

 JR東海は、津波警報の発令に伴い、関西線の永和―四日市、紀勢線の大内山―新宮、参宮線の伊勢市―鳥羽間を午後2時ごろ、東海道線の富士―静岡間を午後1時半ごろから、御殿場線の国府津―下曽我間を正午から、それぞれ上下線ともに運転を見合わせると発表した。

 近畿日本鉄道も、鳥羽・志摩線の五十鈴川―賢島間を午後1時から上下線とも運転を見合わせることを決めた。

<大津波・津波警報>岩手・久慈で90センチ観測(毎日新聞)
携帯に新作マンガ、アニメを配信 バンダイ子会社が3月から(産経新聞)
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測(産経新聞)
首相、5月訪中を検討=上海万博開会式出席で(時事通信)
<夕張市>カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)

捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談-岡田氏(時事通信)

 岡田克也外相は25日、外務省で、ニュージーランドのマカリー外相と電話で会談した。オーストラリア政府が南極海での日本の調査捕鯨を中止させるため、国際司法裁判所に提訴する構えを見せていることについて、岡田氏は「豪州の姿勢は残念だが、引き続き国際捕鯨委員会(IWC)、2国間協議を通じた外交解決を目指す」と強調。マカリー氏は「外交的解決を優先させるべきだという点で日本と同様の立場だ」と応じた。
 両外相は、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」による日本の調査捕鯨船への妨害行動について、海上の安全を脅かす危険な行為であり、容認できないとの認識で一致した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<路上生活者>34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査(毎日新聞)
湊川ツルタ薬品
<亀井金融・郵政相>郵政関連企業への天下り見直す(毎日新聞)
<大津波・津波警報>北海道根室市で30センチの津波観測(毎日新聞)
採用窓口に無言電話1200回超=「癒やされたい」、32歳男逮捕-警視庁(時事通信)

<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)

 天皇陛下は26日、東京都世田谷区の世田谷美術館で開催している建築家、内井昭蔵の回顧展「『内井昭蔵の思想と建築』展-自然の秩序を建築に-」を鑑賞した。内井昭蔵は日本建築学会賞などを受賞し、天皇、皇后両陛下のお住まいである皇居・御所を設計したことでも知られる。02年に亡くなった。

 当初は皇后さまも同行する予定だったが、数日前からせきがあり、この日は熱もあったことから取りやめた。宮内庁によると風邪のようだという。

「容疑者国選弁護」で水増し請求 岡山の弁護士逮捕(産経新聞)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
騎手招待競走
和海しょう
参院選、小坂氏ら6人公認=自民(時事通信)

詐欺容疑で元中学事務職員を逮捕 兵庫(産経新聞)

 教職員の旅費を兵庫県教委に架空請求し、だまし取ったとして、県警捜査2課と尼崎東署は25日、詐欺容疑で、尼崎市立大成中学校の元事務職員、田邊勝之容疑者(41)=西宮市高須町=を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年2月2日、同校の教職員3人が修学旅行の下見で那覇市内のホテルに宿泊したと装い、航空運賃と宿泊費約20万8千円を県教委に請求し、だまし取ったとしている。

【関連記事】
パチンコのモニター登録料名目で現金を詐取 被害は全国で約3600万円か
副知事接待費…詐取総額1400万円か 福岡県町村会事件
修学旅行の下見と架空請求、元中学職員逮捕 着服630万円
内妻が虚偽申請、生活保護費753万円詐取 無職男を逮捕
「バルチックカレー」摘発で露見“危ない”中国投資ビジネス

コシヒカリ超えろ…新潟県、新品種を石垣島で栽培(読売新聞)
<石巻2人刺殺>宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ(毎日新聞)
捕鯨、日本と対立激化 シー・シェパード、具体策に触れず(産経新聞)
<長崎県知事選>自公支援の中村氏が初当選確実(毎日新聞)
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
プロフィール

Author:ミスターあきらますやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。